本文へ移動

EBNSパネル

EBNSパネル

市場実績15年以上の超高耐候・超高耐久パネル

屋内・屋外のサインで重要な要素の一つに、視認性(見易さ)の保持があげられます。
ですが、屋外サインは屋内サインとは異なり、視認性を低下させる経年劣化の原因となる、雨(水)や紫外線などに常にさらされています。
ですが、EBNSパネルは、劣化の原因となるそれらをシャットアウトするために、特殊な樹脂を電子線により硬化させるコーティングを施しています。

それにより、長期にわたって鮮明さを失わずに運用できる超高耐候性パネルを実現しました。

沖縄県は県外に比べると紫外線の量が1.2~2倍にもなると言われていますが、そんな環境の中でもEBNSパネルは様々な市町村で十分な活躍をしています。

EB(電子線)硬化とは

表層に独自の保護塗装を施し、それに電子線(EB)を照射することで架橋密度を高め、劣化の要因である紫外線や水・油などから印刷面を守り、長期間に渡り鮮明な表示を保ちます。

高耐候性

下の2つの画像は同じ地点のもので、2015年に設置したサインを、7年後に撮影したものです。撮影した機材や当日の天候などもあり、画像では単純に比較するのが難しいのですが、7年経過したことで鮮やかさは失われておりますが、視認性に全く問題はなく施設案内の役割を十分に果たしています。

耐いたずら書き

ラッカースプレーや油性マジックでの落書きも、洗浄溶剤(ラッカーシンナーやベンジン)で白濁することなく簡単に洗浄できます。

耐タバコ熱

タバコの押し付け程度の熱で表層が炭化することはありません。

耐剥離性

EBNSの積層構造は密着性が高いため、剥離が難しいのも特徴の一つです。

お問い合わせ

TEL:098-863-9254 FAX:098-866-7657
mail:sign@neo-planning.co.jp
 
担当:樋之口(テノクチ)・元重(モトシゲ)・宮里
0
5
8
6
9
1
TOPへ戻る